七山体協の後半1位、総合8位の原動力となった(左から)長男・宇宙、次男・将星、三男泰斗と、双子の弟、尭と舜の「阿部5兄弟」=唐津市の市民会館前

 総合8位の七山体協は「阿部5兄弟」が奮闘した。後半の4区間は全て阿部兄弟が走り、トップでゴール。来年につながるレースに手応えを感じていた。

 1区の次男・将星が区間19位で出遅れるなど、前半は14位と苦しんだ。だが、「兄弟の遅れは兄弟で取り返そう」と、5区の長男・宇宙が区間2位の好走。たすきを受けた6区三男・泰斗も2位をキープした。

 7、8区は初出場の双子、尭と舜。7区の尭がトップを走る唐津市役所との差を詰め、たすきを受けたアンカー舜は「絶対に抜いてやる」と中盤でトップに立ち、そのままゴールテープを切った。2人は「初めてのたすきリレーだったが、うまくいった」と笑顔を見せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加