左から、名人戦3位の河野真太朗君、優勝した吉村分汰君、準優勝の大澤栞さん、3位の髙島啓太郎君=佐賀新聞社

名人戦で優勝した春日北小5年の吉村分汰君=佐賀新聞社

 県内の小学生将棋ナンバーワンを決める「第45回さなる杯小学生将棋名人戦佐賀県大会」(日本将棋連盟佐賀県支部連合会主催)が26日、佐賀市の佐賀新聞社で開かれ、同市の春日北小5年吉村分汰ぶんた君が優勝した。

 24人が参加し、名人戦は9人で争った。3人1組で予選リーグを行い、2勝した6人が決勝トーナメントに進んだ。児童たちは、じっくりと考えながら一手一手を指した。

 決勝は吉村君と、昨年覇者で、同市の神野小5年大澤栞さんが2年連続で顔を合わせ、吉村君が熱戦を制した。初級を対象とした交流戦では、鳥栖市の基里小2年河野真理子さんが頂点に立った。

 吉村君は「最後まで一生懸命指せた。昨年は2位だったので、1位になってうれしい」と笑顔を見せた。吉村君は県代表として、3月7、8日の両日、大阪市で開かれる西日本大会に出場する。

 名人戦と交流戦の上位入賞者は次の通り(敬称略)

 【名人戦】

 2位 大澤栞(神野小5年)3位 河野真太朗(基里小5年)、髙島啓太郎(川上小5年)

 【交流戦】

 2位 山中太陽(千代田西部小4年)3位 柴田幸太朗(北山小2年)、鶴貴優たかまさ(鏡山小3年)

このエントリーをはてなブックマークに追加