嬉野高

 伊藤 奨真(いとう・しょうま)生徒会長として体育祭や文化祭を運営し、裏方で行事を支えた。国立大文系志望で「いろんな経験を積んでやりたいことを見つけたい」。嬉野市嬉野町。(人文科学系列)

 植松 洋人(うえまつ・ひろと)全国総文祭ボランティア部門の生徒実行委員。西九州大短期大学部地域生活支援学科に進み、「高齢者や障害者などの旅行を支援したい」。嬉野市嬉野町。(社会福祉系列)

 岸川 のぞみ(きしかわ・のぞみ)嬉野高の生徒が運営するネットショッピングモール「まなびや」の社長。「貴重な経験で、あっという間の3年間」。日産自動車に就職。嬉野市嬉野町。(情報ビジネス系列)

 栗山 智慧光(くりやま・ちえこう)成績優秀で簿記2級を取得。バドミントン部に所属し「3年間やめずに頑張ってよかった」と振り返る。トヨタ自動車に就職する。武雄市東川登町。(情報ビジネス系列)

 中村 詩織(なかむら・しおり)ソフトテニス部主将で県総体2連覇に導いた。「礼儀や責任感を学んだ」。九州国際情報ビジネス専門学校に進み、公務員を目指す。嬉野市嬉野町。(観光・流通系列)

 松浦 菜々美(まつうら・ななみ)体育祭の団長。3年時の思い出は「みんなで円になっておにぎりを食べたこと」。憧れの空港の地上職員を目指し、九州観光専門学校で学ぶ。鹿島市山浦。(観光・流通系列)

 宮崎 智加(みやざき・ちか)英語スピーチコンテストなど積極的に取り組んだ。開発が進む駅前整備に関心を持ち、「嬉野のまちづくりに関わりたい」と嬉野市役所に就職する。嬉野市嬉野町。(人文科学系列)

 

伊万里農林高

 池田 翔希(いけだ・しょうき)責任感があり友人や教諭の信頼が厚く、文武両道に努めた。剣道部副主将で、3年の県高校春季大会では「目標の個人3位が果たせた」。SUMCOに就職。有田町。(生物生産科)

 石橋 聡士(いしばし・さとし)主将を務めたバスケ部は部員がぎりぎり5人。仲間と練習を工夫し、大会に臨んだことが記憶に残る。「肥育牛農家を継ぎたい」と県農業大学校に進む。有田町。(生物生産科)

 金ヶ江 裕賢(かねがえ・まさのり)農業クラブ会長を務め、グループ発表で九州大会2位に導いた。カヌー部でも全国高校総体に出場し活躍。「農業高教員が夢」と南九州大に進学。有田町。(食品化学科)

 近藤 大智(こんどう・たいち)農林最後の野球部主将。3年の夏は、甲子園に出場した佐賀北に準々決勝で1―2と互角に渡り合い「最高の試合ができた」。名村造船所に就職。伊万里市脇田町。(森林工学科)

 塚本 愛菜(つかもと・あいな)「人の役に立ちたい」とボランティア海外短期留学、生徒会役員を経験。農業クラブなど九州大会でも活躍。管理栄養士の夢へ長崎国際大に進む。伊万里市東山代町。(食品化学科)

 鶴田 勇介(つるだ・ゆうすけ)クラストップの成績で資格取得多数。陸上競技ハンマー投げで北部九州大会に出場した。「父の背中を見て目指した」と伊万里市役所に就職。伊万里市南波多町。(森林工学科)

 野口 朱音(のぐち・あやね)情報処理技能検定準2級など「多くの資格取得へ努力した」。卓球部では副部長を担い、部長を支えて部をまとめてきた。長崎キヤノンに就職。伊万里市大川内町。(食品化学科)

このエントリーをはてなブックマークに追加