日本相撲協会で番付編成を担う審判部の境川部長代理(元小結両国)は大相撲初場所千秋楽の26日、10勝目を挙げた関脇朝乃山について、春場所に大関昇進が懸かることを明言した。

このエントリーをはてなブックマークに追加