26日午前8時35分ごろ、福岡発羽田行き全日空242便ボーイング777が高松空港上空付近を飛行中、気象レーダーの表示に不具合が生じたため、大阪空港に目的地を変更し、約1時間後に着陸した。

 全日空によると、乗客212人にけがはなかった。パーツを交換して再出発し、午前11時25分ごろ、羽田空港に着陸した。

このエントリーをはてなブックマークに追加