佐賀独特の風土の中で築かれたインフラであり、豊かな文化を培ってきた水路網「クリーク」。2015年に発足した任意団体「さがクリークネット」は、地域の誇れる土木遺産としてその活用と保全活動を通し、まちづくりに取り組んでいる。 コンセプトは「暮らす」「使う」「維持する」。