国民民主党の原口一博国対委員長(衆院佐賀1区)は25日、東松浦郡玄海町の脇山伸太郎町長が福井県敦賀市の建設会社「塩浜工業」側から現金100万円を受け取っていた問題で、「不透明な金をもらった人は自分で進退を考えるべき」と述べた。関西電力役員らの金品受領と併せ、国会の予算委員会の審議などで取り上げる考えを示した。

 原口氏は佐賀市で記者団の取材に応じ、原発を巡る金品受領問題について「エネルギー政策を金でねじ曲げることがあってはならない」と指摘、政府の対応も含めて国会審議で追及する構えを見せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加