当番出勤した元日の午後、編集局に一本の電話が入った。受話器を取ると、思いつめたような男性の声で「長年抱えてきたわだかまりを、少しだけ聞いてほしい」と返ってきた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加