高志館

 古賀 玄樹(こが・げんき)野菜栽培の実習では「種から育てて成長する過程がうれしかった」。食品加工に興味を持ち、川﨑食品に就職する。「自分なりに精いっぱい頑張りたい」。佐賀市若楠。(園芸科)

 佐々木 愛弓(ささき・あゆみ)「人の役に立ちたい」とボランティア活動に打ち込んだ。栽培実習を通して農業を知り「農家の人を支えたい」とJAさがに就職する。佐賀市日の出。(食品流通科)

 貞松 優華(さだまつ・ゆうか)明朗活発な性格で、高校から始めたボクシングでは監督と練習に励み、全国三冠を獲得した。日本体育大に進学。「オリンピックを目指す」。佐賀市水ヶ江。(食品流通科) 

 下津浦 稔季(しもつうら・としき)猛暑の中で練習に取り組み、造園技能士3級に合格。「和風庭園を造る庭師になりたい」と鵜池造園に就職。「自分で考え行動する人になる」。佐賀市富士町。(環境緑地科)

 髙倉 翔太(たかくら・しょうた)夏の高校野球県大会に臨みながら、難関の農業鑑定競技で全国優秀賞を獲得。NEXCOメンテンス九州に就職。「信頼される人になる」。佐賀市高木瀬東。(環境緑地科)

 永渕 雅臣(ながふち・まさおみ)海外のコーヒー農家研修に参加し、農法の違いなどを学んだ。県農業大学校に進学。「佐賀の農業を引っ張り、農家である家族の手助けをしたい」。佐賀市本庄町。(園芸科)

 本田 風智(ほんだ・ふうち)サガン鳥栖U-18ではキャプテンとしてチームをけん引。「スタメンへの定着」を目標にサガン鳥栖に入団。「観客をワクワクさせる選手になる」。福岡県北九州市(食品流通科)

 

佐賀女子

 石㟢 星見(いしざき・ほしみ)卓球部で培ったコミュニケーション力を看護実習に生かし「日々成長できた」。衛生看護専攻科に進み、小学生からの夢だった看護師を目指す。佐賀市水ヶ江。(衛生看護科)

 上田 杏奈(うえだ・あんな)ソフトボール部のエース。全九州大会では決勝まで一人で投げ抜いて優勝に貢献した。「高校生活の全てを注いだ」。トヨタ自動車に就職する。武雄市武雄町。(商業科)

 片岡 美結(かたおか・みゆ)ソフトボール部主将でU―18日本代表にも選ばれた。強豪・ビックカメラに入り「高校で果たせなかった日本一を目指す。代表でも活躍したい」。福岡県春日市。(普通科)

 河野 杏(かわの・あん)新体操部主将で全国総体8位入賞を引っ張った。「部員全員で意見を出し合って同調性を磨いた」。福岡大で競技を続け「何事にも積極的に取り組む」。大分県大分市。(普通科)

 佐藤 愛(さとう・あい)美術部部長。抜群の描写力を誇り、さが総文では美術工芸部門に県代表として出場した。女子美術大に進み「何を聞かれても答えられる美術教師になる」。佐賀市兵庫町。(普通科)

 杉原 真優(すぎはら・まゆ)バドミントン部主将。県高校総体で2年ぶりの王座奪還に貢献した。福岡医療スポーツ専門学校に進学。「佐賀から世界で名の通る選手を輩出したい」。武雄市山内町。(普通科)

 邊 〓瑞(びょん・よんそ)弓道部に所属し日本文化を学んだ。思い出は文化発表会のファッションショー。九州産業大で語学の習得に励み、旅行業界への就職を目指す。鳥栖市本鳥栖町。(くらしデザイン科)

このエントリーをはてなブックマークに追加