2019年7月1日から、健康増進法の改正により、行政機関、学校、病院、児童福祉施設などが「第一種施設」と定義され、その第一種施設では原則敷地内禁煙となりました。