県立盲学校の生徒らが2月27日、佐賀市のJR佐賀駅前で、点字ブロックへの理解を求める活動を行った。啓発用のポケットティッシュを配布し、視覚障害者への「思いやり」を呼び掛けた。 昨年、埼玉県で視覚障害者の女性が駅構内で蹴られる事件が起きたことを受け、全国的な啓発活動の一環として初めて実施した。