田原優子多久市教育長を訪ね、自身の走りを振り返った東原庠舎東部校9年の笠原大輔さん=市役所

 19日に広島市で開かれた第25回全国都道府県対抗(たいこう)男子駅伝で、佐賀県チームの4位躍進(やくしん)を支(ささ)えた多久市(たくし)の義務教育(ぎむきょういく)学校・東原庠舎(とうげんしょうしゃ)東部校9年(中学3年)の笠原大輔(かさはらだいすけ)さんが21日、市役所を訪(おとず)れ、田原優子(たばるゆうこ)教育長に入賞を報告(ほうこく)しました。初出場の笠原さんは、自己(じこ)ベストを大幅(おおはば)更新(こうしん)する区間2位の快走(かいそう)で順位を六つ押(お)し上(あ)げました。「たくさんの応援(おうえん)に力をもらった」と周囲への感謝(かんしゃ)を述(の)べました。
 県チームは昨年23位。そのメンバーの1人(り)で、同じ学校の先輩(せんぱい)が悔(くや)しがる姿(すがた)も間近で見てきました。「先輩たちのリベンジを果たしたい」。その一心で、前を行く選手を追いました。
 序盤(じょばん)は監督(かんとく)やコーチから言われていたペースを守り、上位の選手たちが息切れするのを冷静に待ち、8番目に受けたたすきを、2位でつなぎました。
 発着点の平和記念公園には、広島在住(ざいじゅう)の佐賀県出身者が横断幕(おうだんまく)を抱(かか)えて出迎(でむか)えてくれました。佐賀からも駆(か)け付(つ)けた多くの関係者の姿を見て、「応援に恥(は)じない走りをしようと思った」と振(ふ)り返(かえ)りました。
 大会で担(にな)った2区3キロの記録は8分28秒。昨年11月の県選考会で出した自己記録を29秒も短縮(たんしゅく)しました。「いろんな人たちの応援があったから、このタイムを出せた」と笠原さん。田原教育長は「多くの県民、多久市民がチームの頑張(がんば)りに勇気をもらったと思う」と祝福しました。(22日付18面)

このエントリーをはてなブックマークに追加