唐津市の福島尚美市議(37)が窃盗容疑で書類送検された問題で、市議会は24日、会派代表者会議を開き、2月3日に開会予定の臨時議会で、福島市議が市民や議員に向け、謝罪や経過を説明する場を設けることを決めた。

 6会派の代表者と正副議長、議会運営委員会の正副委員長が出席した。田中秀和議長は臨時議会で説明する理由として、本会議はケーブルテレビやインターネットで生中継しているため、市民への情報公開の度合いが最も大きいと述べた。

 福島市議が所属する共産唐津市議団は「23日の記者会見で終わりだとは思っていない。議員、市民への対応を検討してもらいたい」と発言、他会派からも「誠心誠意を尽くした方法で」などの意見があった。

 福島市議の書類送検容疑は昨年10月、市内の温泉施設で自動券売機に残された他人の釣り銭7320円を持ち帰った疑い。12月26日に不起訴処分になった。

このエントリーをはてなブックマークに追加