連合の相原康伸事務局長は24日、佐賀市で記者会見を開き、立憲民主党と国民民主党が当面合流を見送る判断をしたことについて「両党間の協議のプロセスは財産と受け止めている」という認識を示した。