高校サッカーの強豪、石川・星稜高の総監督で、部員への暴言、暴力があったとして懲戒処分を受けていた河崎護氏(60)が解任されていたことが24日、明らかになった。同校を運営する稲置学園への取材で分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加