日本相撲協会で取組編成を担う審判部の錦戸副部長(元関脇水戸泉)は初場所13日目の24日、1敗でトップの平幕徳勝龍と2敗の大関貴景勝を千秋楽(26日)結びの一番で対戦させる可能性を示唆した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加