昭和20年代から30年代の思い出をつづったエッセー「あの頃の佐賀」を、上峰町出身で通産省OBの石丸利道さん(73)=東京都=が出版した。シリーズ第6作で、少年時代に体験した佐賀の風習や文化を中心に柔らかい筆致でつづっている。 石丸さんは1946(昭和21)年生まれ。