手作りの笛を吹く子ども

 「笛を作って音の高さや大きさを考えよう」をテーマに内川義尚さんのご指導の下、科学教室が始まりました。

 まずストローを使って笛を作ります。ストローの両端を2センチほど斜めに切り落とし、それを口にくわえ吹くと「ブーブー」と音が鳴ります。先生が「長さを短くしたら、音が高くなるかな? 低くなるかな?」と問い掛けました。みんなでストローを切り、吹いてみたら「音が高くなった」とストローの長さによる音の違いを発見したようでした。

 次は、竹と小さく切ったクリアファイルを使って、2種類の竹笛を作ります。ストロー笛と同じく左右に振動して「ブーブー」と音を出す笛と空気が上下に分かれて「ピィーピィー」と鳴る笛です。何度も吹き、クリアファイルを少しずつ切りながら何度も調整し、完成させました。

 完成した笛が「ブーブー」「ピィーピィー」とドリームパークの部屋に鳴り響き、諦めずに何度も挑戦する大切さを学んだ時間にもなりました。(神埼市地域学校協働活動推進員・福田恵子)

このエントリーをはてなブックマークに追加