神奈川県警は24日、交番に届けられた財布から現金を抜き取ったほか、被害届を自宅に持ち帰っていたとして、業務上横領と公文書毀棄の疑いで、川崎署管内の交番に勤務していた男性巡査(24)を書類送検し、同日付で懲戒免職処分とした。

 書類送検容疑は2017年5月から19年6月ごろの間、10回にわたり拾得物の財布から現金を抜き取るなどして計約11万円を着服したほか、交番に届けられた鍵束や受理した被害届を自宅に持ち帰っていた疑い。

 県警監察官室によると、巡査は「借金の返済に困っていた」と話し、鍵束は「持ち主が分かれば家に入り、金などを盗めると思った」と供述したという。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加