和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社で、柳の枝を色とりどりに装飾して2月3日の節分に飾る縁起物「吉兆」作りが、最盛期を迎えている。 吉兆は「良いことの兆し」の意味。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加