NHKは24日、京都アニメーションの放火殺人事件を巡り、インターネット上の情報をまとめたサイトにNHKが事件に関与したかのような虚偽の内容を載せたとして、サイトの運営者に対し約700万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求める訴訟を、東京地裁に起こした。

 NHKによると、運営者は、まとめサイト「LH MAGAZINE」の編集長。サイト上に、意図的に加工されたNHKの事件のニュース映像を貼り付け、ディレクターの実名と共に「NHK共犯説唱えられても仕方ないぞ」などとするネット上の投稿を掲載した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加