厚生労働省は24日、2020年度の公的年金の支給額を0・2%引き上げ、2年連続の増額改定になると発表した。支給を抑制する仕組みが実施され、実質的な年金の価値は目減りする。

このエントリーをはてなブックマークに追加