東松浦郡玄海町の脇山伸太郎町長が、福井県敦賀市の建設会社側から現金100万円を受け取っていたと報じられた23日、佐賀県内の反原発を訴える市民団体からは「住民の命を預かる立場を分かっていない」と憤りの声が上がった。 原発立地自治体の首長は運転の可否などの判断にも関わる。