スズキ本社=浜松市

 【ダボス共同】オランダの自動車規制当局は23日、スズキのスポーツタイプ多目的車(SUV)「ビターラ」(日本名エスクード)のディーゼル車に関し、排ガス検査で不正があったとして改善を命じた。ロイター通信が報じた。一方、赤羽一嘉国土交通相は24日の記者会見で、排ガス規制を不正に逃れた疑いでドイツ検察が三菱自動車の関連会社を捜査していることに関し、三菱自に日本で販売しているディーゼル車の問題の有無を報告するよう指示したと明らかにした。

 スズキは有害な窒素酸化物の排出量を少なくみせていたという。欧州で日本の自動車メーカーの信頼性が問われる事態が相次いで発覚した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加