今春、高校を卒業する生徒たちを紹介します(五十音順、敬称略)。

■神埼清明

 石井 もも香(いしい・ももか)ハンドボール部主将で仲間へのケアなど気を配った。「指導者や県外の選手など良い出会いにも恵まれた」。看護師を目指して西九州大で学ぶ。神埼市神埼町。(人文教養系列)

 大隈 沙希(おおくま・さき)生徒会長の仕事と学業との両立は大変だったが「仲間の支えで介護技術コンテストでは日本一をとれた」。熊本学園大で地域に密着した福祉を学ぶ。みやき町。(生活福祉系列)

 太田 悠介(おおた・ゆうすけ)新体操部主将を務め、2度の日本一を経験した。青森大に進学。タンブリングなどの技術を高め「1年でレギュラーを取りたい」。佐賀市大財北町。(健康スポーツ系列)

 小川 茜(おがわ・あかね)新体操部のマネジャーをしながらボランティアや盲ろう者通訳介助員研修など積極的に参加した。「当事者目線の支援をしたい」と同志社大で学ぶ。佐賀市巨勢町。(生活福祉系列)

 古賀 日和(こが・ひより)1年間のチェコ留学で良い経験もできたが、英語力の不十分さも実感した。北九州市立大で英語を真剣に学び「いろいろな国の人と交流したい」。佐賀市八戸。(食品科学系列)

 佐藤 海空(さとう・みく)勉強を続け、多くの資格を取れたのは自信になった。書道部では夏に猛練習し「文化祭のパフォーマンスで大成功できた」。アイリスオーヤマに就職。上峰町。(情報ビジネス系列)

 德吉 祐人(とくよし・ゆうと)野球部主将。「自分だけでなく誰かのために」と野球に打ち込み、甲子園予選はベスト4。戸上デンソーに就職。今後も野球を続ける。鳥栖市本鳥栖町。(健康スポーツ系列)

 

■鳥栖商

 漢 由依奈(かん・ゆいな)生徒会長。報道部(放送)で活躍し社会体育の空手グループの世界大会で優勝した。「一つ一つの思い出が輝いている」。日本郵便九州支社に内定。鳥栖市村田町。(流通経済科)

 黒川 直紀(くろかわ・なおき)ITパスポートなどの国家資格を取得しIT・簿記選手権(九州)で準優勝した。VC工業に就職し「利便性を高めるシステムをつくりたい」。鳥栖市蔵上。(情報管理科)

 酒井 陽(さかい・みなみ)バレーボール部主将でエースアタッカー。3年時は九州大会3位、春高バレー初戦突破を果たした。「将来はVリーグで活躍したい」と東海大で競技を続ける。基山町。(商業科)

 寺田 隼人(てらだ・はやと)バスケットボール部主将を務め、日商簿記2級を取得した。トラスコ中山に内定。目標に「凡事徹底」を掲げる。「将来は両親を旅行に連れていきたい」。みやき町。(商業科)

 中川 瑠美(なかがわ・るみ)成績トップ。県が行う台湾研修などに積極的に参加し、簿記部では全国コンクール団体の部に出場した。佐賀大へ進み「将来は警察事務をしたい」。鳥栖市布津原町。(商業科)

 藤本 彩実加(ふじもと・あみか)OAオペレーター部副部長として初の九州大会団体優勝に貢献。県職員(教育行政)に内定し「生徒が勉強しやすい環境づくりをしたい」と意気込む。みやき町。(情報管理科)

 山田 愛華(やまだ・あいか)文武両道の3年間。日商簿記2級を取得し、ダンス部主将として全日本ダンスフェスティバルに出場した。佐賀銀行に内定。「信頼される行員になる」。鳥栖市本鳥栖町。(商業科)

 

25日付は唐津工と唐津南の予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加