サガン鳥栖のコーチ(中央)とボールを取り合う子どもたち=佐賀市健康運動センター

オフェンスとディフェンスに分かれて、ボールを追いかける子どもたち=佐賀市健康運動センター

サガン鳥栖のコーチ(右奥)の指導を受ける子どもたち=佐賀市健康運動センター

 Jリーグタイトルパートナーの明治安田生命は18日、佐賀市健康運動センターでサッカー教室を開いた。県内の小学生約90人が、サガン鳥栖のアカデミーコーチ陣から手ほどきを受けて、サッカーの楽しさを体験した。

 学年ごとに三つのグループに分かれ、ドリブルやパス回し、相手からボールを取られないようにする体の使い方などの練習に取り組んだ。途中、雨が降ったが、子どもたちは元気にボールを追い掛けていた。唐津市の浜崎小4年の原野快生君は「パス回しなど、声を掛け合って協力し合うことができて楽しかった」と笑顔を見せた。

 教室は明治安田生命の社会貢献活動の一環で実施。宮井博章佐賀支社長は「サッカーを通じて、地域の皆さんが元気で健康になってもらえれば」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加