記者の質問に答える玄海町の脇山伸太郎町長=23日午後1時ごろ、玄海町役場

 福井県敦賀市の建設会社「塩浜工業」側から2018年7月、現金100万円を受け取っていた東松浦郡玄海町の脇山伸太郎町長(63)は23日午後1時から同町役場で記者会見し「玄海町、県、住民、原発立地の皆様をはじめ、大変多大な迷惑をかけたことをお詫び申し上げます」と謝罪した。「進退については後援会と相談して決めたい」と明言しなかった。

 塩浜工業については「詳しく知らないし『当選祝い』をいただいた時に初めて知った。いろんな企業があるが、玄海町や九州電力の仕事はされてないとの認識があった」と述べた。

 町長によると、返金したのは昨年12月中旬。脇山町長は「前から返したかったが作業にかまけていた」と釈明。現金については「賄賂をもらったような気分だったので、後ろ暗い気分だった。ありがたくない気分だった」と述べ、「のしを見たら、お金かとは思ったが、中身は確認していない。厚さから100万円くらいかなとは(思った)」とも話した。

 現金授受の責任について問われ「政治資金規正法も問われれば仕方ない。脇が甘かった」とした。また、今回以外の現金のやり取りについては「全くない。議員時代も含めてない」と否定した。

 返金方法は「知人に頼んだ。相手は支店の社長で、東京の方で返されたと聞いた」と説明した。返金を託した知人については「亡くなったと聞いた。葬儀にも行っていないし、自宅も知らない」と語った。

 脇山町長は「原発自治体の長として、私の不徳のいたすところ。皆さんに大変迷惑をかけたと思っている。他の自治体に疑惑の目を向けられるかもしれないと思うと申し訳ない」と陳謝し、約50分間の会見を終了した。

このエントリーをはてなブックマークに追加