九州新幹線長崎ルートに関し、国土交通省が求めている協議の進め方への所感を述べた山口祥義知事=佐賀県庁

 九州新幹線長崎ルートの未着工区間(新鳥栖-武雄温泉)の整備方式を巡り、佐賀県の山口祥義知事は22日の定例会見で、県との協議入りを目指す国土交通省に対し、「国がどういう考え方で協議に臨もうとしているのか文書で質問する」と述べた。文書でのやり取りは全て公開する。こうした確認作業に時間を要するため、国交省が希望していた1月中の協議開始は「到底考えられない」との認識を示した。

 国交省は今月16日に開始した県との協議の在り方に関する事務レベルの確認作業で、与党方針のフル規格だけでなく、5方式で協議することを文書で提案し、今月中に協議入りを目指す意向を見せていた。

 山口知事は国交省の文書について「スケジュールなど事務的な話がほとんどだったが、県が求めているのは、国がどういうスタンスで県と協議に臨もうとしているかだ」とし、取り合う姿勢を見せなかった。協議の開始時期に関しては「国が急いでくるようなら、何か考えがあるのか、確認しなければならない」とくぎを刺した。

 知事は文書でやり取りをすることにした意図について「後でこんなはずじゃなかったとならないよう、皆さんに見てもらい、はっきりさせた方がいい」と述べた。国交省への質問は遅くても定例県議会が始まる2月中旬までにする。

 県によると、質問では5方式のうち過去に合意したスーパー特急など3方式の実現についてフル規格よりも優先的に議論すべきという県の考え方や、与党方針と協議の関係を尋ねる方針という。

このエントリーをはてなブックマークに追加