山口祥義知事と面談した九州電力の池辺和弘社長(右2人目)ら=佐賀県庁

 九州電力の池辺和弘社長は22日、広島高裁の四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止め仮処分決定の影響について、「夏場までに伊方3号が戻ってこなければ、西日本の電力が足りるのか非常に心配」と懸念を示した。

 同日、佐賀県庁であった山口祥義知事との面談後に報道陣の取材に答えた。

 池辺社長は、川内原発(鹿児島県薩摩川内市)1、2号機が夏場に定期検査中であることを前提に、伊方3号機が運転停止のままならば電力不足が考えられるとの見方を示した。係争中の玄海原発(東松浦郡玄海町)の運転差し止め訴訟への影響については「私たちの主張は裁判所に理解してもらっている」とした。

 また、玄海3、4号機に建設予定のテロ対策施設「特定重大事故等対処施設(特重施設)」について「川内(原発)の審査の経験を生かすことができ、順調に審査いただいている」と説明。完成時期に関しては「工事のノウハウや(工期を)どうやったら縮められるかもつかんでいる。期限内に間に合うよう努力する」と述べるにとどめた。

 山口知事との面談では、玄海1、2号機の廃炉作業を報告し「3、4号機の運転と並行して取り組んでいる。作業は安全第一に進める」と話した。山口知事は「原発については県民からは厳しい目が向けられている。気の緩みがないように取り組んでほしい」と念を押した。

このエントリーをはてなブックマークに追加