安倍晋三首相は22日始まった衆院代表質問で、「桜を見る会」の私物化疑惑に関し、公選法や政治資金規正法の違反はないと強調した。政府が廃棄済みとする昨年分の招待者名簿の再調査も否定。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加