衆院本会議で答弁する安倍首相=22日午後

 安倍晋三首相は22日始まった衆院代表質問で、「桜を見る会」の私物化疑惑に関し、公選法や政治資金規正法の違反はないと強調した。政府が廃棄済みとする昨年分の招待者名簿の再調査も否定。立憲民主党の枝野幸男代表は、疑惑を隠蔽しているとして辞任を要求した。カジノを含む統合型リゾート施設(IR)に絡む汚職事件に関し、首相は「現職の国会議員が逮捕、起訴されたことは誠に遺憾だ」と述べたものの、IR推進を堅持する方針も表明。反対する野党と激しく対立した。

 首相は、桜を見る会を巡り早期に幕引きを図りたい思惑。野党は23日以降の国会論戦でも引き続き追及する。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加