放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は22日までに、フジテレビが昨年8月30日に放送した情報番組「とくダネ!」で、東京都内の公園に大縄跳びを禁止する看板が立った話題を取り上げた際、誘導尋問に近い形で収録した映像を勝手に放送されたなどとする申し立てを受け、審理入りを決めた。

 BPOによると申立人は、犬の散歩中に突然マイクを向けられ、見たことがない大縄跳びについて「本を読んだり、集中して何かをやる日には、ちょっとうるさいと思う」と答えた場面が放送されたとして、フジテレビに「捏造に対する謝罪と意見の撤回」を求めている。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加