サッカーのスペイン1部リーグ、オサスナの元幹部が21日の公判で過去の八百長を認めた。2012~13年シーズンからの2季で1部残留を果たすため、対戦相手のヘタフェの選手に40万ユーロ(約4900万円)を渡すなど複数のチームに金銭を供与したとした。(AP=共同)

このエントリーをはてなブックマークに追加