昨年11月の試合中に右足首を負傷後、初めてボールを使った練習に取り組んだMF原輝綺=沖縄県の読谷村陸上競技場

 サガン鳥栖のMF原輝綺は21日、昨年11月の試合中に右足首を負傷後、初めてボールを使った練習に取り組んだ。東京五輪世代の21歳は「楽しかった。自分なりのペースでやっていきたい」と明るい表情で語った。

 右足首の状態を確認しながら、両足で軽いパスを練習した。「右ではまだ強く蹴れないが、これを機に左足の精度を上げられれば一石二鳥」とポジティブな思考でリハビリを続ける。

 3月上旬ごろの復帰を目指しており、「あと1カ月半もたてば足は問題なくなると思う。後はしっかりコンディションを上げたい」と着実に歩みを進めていく。

このエントリーをはてなブックマークに追加