佐賀県は県内のスーパーマーケットなど42事業所を対象に、食料品が表示通りの内容量になっているかを確認した検査の結果を発表した。1265個の商品を調べ、4・3%に当たる54個が不適正だった。 食肉や魚介、総菜を対象に昨年10月から12月にかけて立ち入り検査をした。