スタート後、集団で進む選手たち=1区(昨年の大会)

(名簿の数字は年齢、○内は出場回数)

■唐津市消防本部 団結力で3位脱却 

 2年連続で3位となり、さらに上を目指す気持ちが強まった。チームの団結力を武器に、ステップアップを狙う。

 箱根駅伝の出場経験がある宇佐美が中心となり、チームを引き上げる。調子が右肩上がりの荒巻、昨年1区で2位の力走を見せた中嶋らの力も合わせ、安定したたすきリレーを展開したい。

 12月に消防学校を卒業したばかりの坂本、山口が加入し、チームに刺激を与えている。百武監督は「万年3位はいかん。底上げができたとは言えないが、2位を目指して頑張りたい」と意気込む。

  • 監 百武 浩二 45(9)
  • コ 毛利 敏明 44(8)
  • 選 石崎 浩平 34(7)
  • 〃 丸谷 陽介 36(5)
  • 〃 前田 将伸 35(7)
  • 〃 中嶋 将貴 31(9)
  • 〃 白水 洸貴 34(10)
  • 〃 尾崎 大喜 25(6)
  • 〃 荒巻裕太朗 25(7)
  • 〃 三浦 光児 27(4)
  • 〃 宇佐美聖也 25(3)
  • 〃 坂本 大成 22初
  • 〃 山口 瑞貴 22初

 

■七山体協 5兄弟中心に上位狙う

 昨年は主力の故障や転居により、一昨年の2位から8位に順位を落とした。今年は勢いのある新戦力も加わり、入賞圏内を目指す。

 エースの阿部宇宙は5年連続で最長区の5区を担当。県外の大会でも好成績を残し、好調を維持している。その弟で出場経験のある将星と泰斗に加え、今年は双子の弟、尭と舜が初出場。5人とも出走予定で「阿部5兄弟」がチームを盛り上げる。ベテラン藤江の故障からの復調も鍵を握る。森田監督は「1、2区で上位に食らいつき、ベテランが粘りの走りをできるかが勝負」と分析する。

  • 監 森田 勇仁 47(26)
  • コ 吉村 修一 38(15)
  • 選 森田 勇仁 47(26)
  • 〃 山崎 周一 45(28)
  • 〃 藤江 博文 44(13)
  • 〃 坂本  稔 39(5)
  • 〃 中山 弘典 49(20)
  • 〃 阿部 行裕 27(9)
  • 〃 阿部 宇宙 24(6)
  • 〃 阿部 将星 23(5)
  • 〃 阿部 泰斗 21(3)
  • 〃 阿部  尭 19初
  • 〃 阿部  舜 19初

 

■鬼塚体協 若手の山口、小野に勢い 

 一昨年の9位から昨年は16位に転落し、シード権を逃した。好調の若手を軸に、シード獲得を目標に掲げる。

 チーム内で若手の山口と小野に勢いがある。21歳でチーム最年少の山口は、県内一周駅伝のメンバーにも選ばれており期待を集める。小野も自己ベストを更新中で、5000メートル15分台に近づきつつある。

 県内の大会に出場し、調整してきた池田、故障から復帰したベテランの山下らが脇を固める。井上監督は「順調に仕上がっている。粘りの走りでいい流れをつかみたい」と意気込む。 

  • 監 井上 康弘 52(12)
  • コ 松本 建男 70(19)
  • 選 小野 宏崇 32(14)
  • 〃 山口 晃良 21(3)
  • 〃 安部 泰生 43(12)
  • 〃 藤田 晃吉 42(12)
  • 〃 池田  仁 43(8)
  • 〃 宮崎 良成 39(17)
  • 〃 山崎 久光 44(21)
  • 〃 松本 建男 70(19)
  • 〃 山下 英樹 55(21)
  • 〃 上野 将信 38(16)
  • 〃 田中 輝幸 38(11)

 

■浜玉町体協 流れつかみ、シード圏に 

 2年ぶりの本戦出場となり、予選会後の合同練習でもチームの雰囲気は良い。スタート区間を重視し、シード争いをうかがう。

 主力は末松と松本。末松は毎年自己ベストを更新し、松本は2年間故障で走れなかった分、今大会に懸ける思いは強い。新人の山本、20歳の山崎も予選会で自己新をマーク。期待の若手もそろった。ベテラン進藤はアンカーの予定、全区間を経験することになる。1区に山本を起用し、流れをつくりたいという荒巻監督。「チームの若返りも進んでいる。来年につながるレースにしたい」と話す。

  • 監 荒巻 敏寿 54(35)
  • コ 伊藤新一郎 53(2)
  • 選 進藤 亮作 42(18)
  • 〃 橋本 浩二 42(10)
  • 〃 吉村 公男 37(17)
  • 〃 佐々木 陵 27(6)
  • 〃 松本  将 33(5)
  • 〃 末松 功之 38(5)
  • 〃 山崎 大輝 20(3)
  • 〃 富崎 謙二 41初
  • 〃 佐々木麻衣 20初
  • 〃 山本 修平 19初
  • 〃 八木 恭子 39初

 

■唐津・東松浦地区選抜 20代森、西村が軸 

 唐津中部体協、相知町体協、厳木町体協の3チームで組織する。単独チームで予選を通過できなかった悔しさをばねに、一つでも上の順位を目指す。

 中心は20代の森と西村。ともに5000メートルを16分台前半で走る力があり、2、5区の長距離区間でチームに流れを呼び込む。経験豊富な井本、前田一成も重要区間を担う予定。前田の父で、60歳の宏繁も若手に負けず調子を上げており、親子での活躍が期待される。

 石松監督は「(同じ選抜チームの)伊万里・西松浦地区より上位でゴールしたい」と闘志を燃やす。

  • 監 石松 秀世 58(21)
  • コ 前田 宏繁 60(20)
  • 選 西村  勇 24(3)
  • 〃 井本 喬士 43(19)
  • 〃 前田 一成 38(9)
  • 〃 前田 宏繁 60(20)
  • 〃 横尾孔一郎 50(3)
  • 〃 森  俊博 29(7)
  • 〃 秀島 将太 38(15)
  • 〃 米倉 智久 43初
  • 〃 長嶺 孝之 39(2)
  • 〃 嶺川 知之 42(19)
  • 〃 石松 秀世 58(21)
このエントリーをはてなブックマークに追加