ベンチやモニターが設置されたボートレースチケットショップ「ミニット」=唐津市新興町

 唐津市新興町にあるボートレースからつの場外発売所「唐津ミニット」が18日、リニューアルオープンした。座席やモニターを設け、舟券を売るだけの場所からレースも楽しめる施設になった。

 鉄骨平屋建て。延べ床面積は94・7平方メートルから、151・4平方メートルに増床した。新たに座席を32席設け、レース模様を映し出すモニター4台を設置した。からつ以外の3場の舟券も常時買える。

 より居心地よくレースを楽しんでもらおうと、同場が約4千万円をかけて改修した。

 場外発売所は2007年、ふるさと会館アルピノの駐車場の一角にオープンした。舟券の発券機を置き、1日約220万円を売り上げていた。改装後は、1日の売上額270万円を目標に掲げる。

 初日の18日は朝から大勢の来場者でにぎわった。市内の男性(80)は「あまり利用してなかったが、座れるようになったのはいい。また遊びに来たい」と話した。

 発売払い戻し時間は、午前8時25分から午後9時ごろまで。年間約350日営業する。

このエントリーをはてなブックマークに追加