広島や長崎で被爆した女性らが、原爆症と認めなかった国の処分を取り消すよう求めた3件の訴訟で最高裁第3小法廷は21日、上告審判決の期日を2月25日に指定した。弁論で女性らが早期の認定を求め、結審した。

このエントリーをはてなブックマークに追加