佐賀県教育委員会は20日、中高一貫教育の県立中学で18日に実施された入学者選抜(入試)の受検者数が2人少なかったことを明らかにした。学校側の集計ミスで、採点作業に支障はなく合否に影響はないとしている。

 県教委によると、18日に発表した受検者数は小学6年生1180人だったが、唐津東中が報告を誤り、実際の総数は1178人だった。4校の平均倍率は2・45倍で前年を0・30ポイント下回った。唐津東の受検者は329人で倍率は2・74倍だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加