【パリ共同】フランスのマクロン大統領は20日、同国の「デジタル課税」に米政府が対抗措置を検討している問題で、両政府が年内は協議を継続することでトランプ米大統領と合意し、報復関税の応酬は当面回避した。地元メディアが伝えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加