「希望大使」に任命された5人。左から春原治子さん、渡辺康平さん、藤田和子さん、柿下秋男さん、丹野智文さん=20日午後、東京都千代田区

 認知症の人の声に耳を澄ませて―。厚生労働省は20日、認知症への社会の理解を深めるため、当事者が情報発信する「希望大使」の任命式を東京都内で開いた。男女5人が選ばれ、45歳で若年性アルツハイマー病と診断された鳥取市の藤田和子さん(58)は「認知症になっても元気に楽しく生きていけると伝えたい」と語った。

 政府は昨年6月に認知症対策の新大綱を策定。「認知症の本人の発信を支援」と明記した。任命されたのは藤田さんのほか、仙台市の丹野智文さん(45)、東京都品川区の柿下秋男さん(66)、長野県上田市の春原治子さん(76)、香川県観音寺市の渡辺康平さん(77)。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加