プロ野球広島のエースとして通算213勝を挙げ野球殿堂入りした北別府学氏(62)が20日、自身のブログで成人T細胞白血病(ATL)を患っていることを公表した。21日に広島県内の病院に入院し、化学療法を経て骨髄移植を受ける予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加