中国・武漢市で発生した肺炎の原因とされる新型のコロナウイルスの電子顕微鏡写真(中国疾病予防コントロールセンター、GISAID提供)

 【北京共同】中国で感染が拡大している新型コロナウイルスによる肺炎について、新華社電によると、中国政府の専門家グループは20日、人から人への感染を確認したと明らかにした。中国の感染症研究の第一人者、鍾南山氏は国営中央テレビのインタビューで「人から人に感染していることは間違いない」との見解を示した。

 中国紙、新京報(電子版)によると、北京大医学部の王月丹教授(免疫学)も、発症者が大幅に増えたことを受け「人から人に感染している可能性が非常に大きい」と指摘した。

 王氏は、感染が爆発的に広がる恐れがあると分析。ウイルスを運ぶ動物などを特定することが急務と訴えた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加