農林水産省の有識者会議は20日、和牛の受精卵や精液などの「遺伝資源」の海外流出防止に向け、悪質な取引に刑事罰を設けることを柱とした中間報告案を了承した。

このエントリーをはてなブックマークに追加