久光製薬―トヨタ車体 ポイントを奪い喜ぶ久光製薬の選手たち=滋賀県草津市のYMITアリーナ((c)V.LEAGUE))

 バレーボール・Vリーグ女子のレギュラーラウンド上位8チームが2組に分かれて競う「ファイナル8」の最終戦が19日、滋賀県草津市のYMITアリーナなどであった。前日に敗退が決まっていたB組の久光製薬スプリングス(鳥栖市)はトヨタ車体(愛知県)をフルセットの末に下し、今季リーグ戦を7位で終えた。

 久光製薬は第1セットを先取されたが、石井優希、井上愛里沙の両エースが得点を量産し、第2、3セットを奪い返した。第4セットは落としたものの、最終第5セットは中盤以降に岩坂名奈の連続ブロックなどで7連続得点し、トヨタ車体を振り切った。

このエントリーをはてなブックマークに追加