LGBTを巡る課題を挙げつつ、北海道議会議員としての活動を紹介した渕上綾子さん=佐賀市の県教育会館

 小城市出身で北海道議会議員の渕上綾子さん(45)が18日、「自分らしく生きようよ~学校にもLGBT(性的少数者)の声を」と題して講演した。渕上さんは、心と体の性が異なる「トランスジェンダー」を公表して活動しており、当事者として学校や社会の課題や改善点について語った。

 渕上さんは男に生まれたが、幼少期から女の子だと自覚。北海道大大学院を卒業し、農水省北海道農業試験場に就職した後、札幌市のショーパブに18年間勤務。戸籍を変更し、2019年に道議に初当選した。

 渕上さんは日本のLGBTの割合は8・9%で、クラスに3、4人は必ずいる計算だと紹介。「学校ではいじめが怖く、本当の自分がばれないようにしていた」と振り返り、性的少数者からも一番取り組んでほしい分野は教育と求められると述べた。

 道議会では、教育相談員にLGBTのセミナーをする際、当事者を入れるよう要望した。また、「学校現場にLGBTの教職員がいたら、当事者の児童・生徒が悩まずに済むし、早くから接し方が体感できる」とメリットを挙げ、LGBTの教職員がカミングアウトしても不当な扱いを受けないよう道の規定で守るよう要望していると話した。

 避難所運営、同性婚、医療、福祉分野での課題にもふれ、「LGBTをめぐる活動はまだ始まったばかり。多様な人が暮らしやすい社会にしたい」と語った。

 講演は県教職員組合が開き、教職員と一般参加者計120人が聴いた。会場からはLGBTを公表して働く教師から「教職員向けに研修会を開いても、当事者はばれないようびくびくしている。そういう職場では子どもたちに多様性を求めることは難しい」という声も上がった。

このエントリーをはてなブックマークに追加