西九州大子ども学科講師の中村理美さんが17日、「読み書きに困難のある児童生徒の理解と支援」をテーマに佐賀市内で講演した。県内の小中学校の教員ら約40人が聴講し、子どもの学習障害(LD)や支援の在り方を学んだ。 中村さんは、特別支援の対象となる子どもの数が増加傾向にある現状を紹介した。