一つ順位を上げ、4位でゴールテープを切るアンカーの井手孝一=広島市の平和記念公園前

 佐賀のアンカーを務めた井手孝一(神奈川大、鳥栖工高出身)は、最後まで攻めの走りを貫き、順位を一つ上げて4位でゴールテープを切った。

 最終7区は最長区間の13キロ。日本を代表するランナーも出走しており、井手は「順位をキープするような走りではやられる。攻めて走ろうと思った」と話す。今年の箱根駅伝5区6位に続く好走に、「何より佐賀の4位に貢献できたことがうれしい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加