アルモニア管弦楽団が美しいハーモニーを響かせたニューイヤー・コンサート=佐賀市文化会館

 「第11回ニューイヤー・コンサート」(主催=ミズ・溝上薬局)が19日、佐賀市文化会館で開かれた。佐賀を拠点に県内外の演奏家たちで構成する「アルモニア管弦楽団」が名曲を披露し、聴衆約1400人を魅了した。

 モーツァルト作曲のオペラ「フィガロの結婚」をはじめ、ラヴェル作曲の「ボレロ」など6曲を披露した。龍谷中2年の奥田怜子さんによるピアノ独奏も披露された。

 コンサートに先立ち、主催したミズの溝上泰興代表取締役が「コンサートは皆さまへの感謝の思いを込めて開催している。心の健康につながることを願う」とあいさつした。訪れた佐賀市の堤哲秀さん(79)は「ボレロの演奏を楽しみに来たが、どれもすばらしかった。今度は家内も連れてきたい」と笑顔で話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加