「新聞社の働き」を学ぶ社会科の授業として、佐賀新聞社は16日、小城市芦刈町の小中一貫校・芦刈観瀾(かんらん)校(森永浩幸校長)で出前授業を開いた。5年生41人が佐賀新聞を開きながら見出しや新聞の役割を学んだ。